板場便り

肝香煎の芳醇な香りとともに味わう鮑のおこわ

鮑のおこわ

「鮑おこわ」

「零余子(むかご)」

「厚焼玉子」

 

松葉に刺したほくほくの零余子(むかご)やふわふわの厚焼玉子とともに
この器のメインを飾るのは歯ごたえの残る蒸し鮑に優しく包まれたおこわ。

さらに注目していただきたいのがこの黒鮑のおこわに振られている粉末!
何の粉だと思いますか?

この粉は…肝を焙煎して粉末にした肝焙煎。
江戸時代には湯に溶かして飲むことでその薫りを味わったとか。

焙煎された香ばしさと肝のほろ苦さはまさに大人の味わい。
おこわをそっと口に運べばもっちりした食感とともに肝香煎の風味も口の中へ一気に広がります!

香り、味わい、食感と様々にお楽しみいただける進肴。
是非皆様にご賞味いただきたい一品です。

Written by Web担 まつい@欽山

pagetop