スタッフブログ

片見月にならないように…十三夜の月も有馬温泉欽山で♪

十五夜に月を愛でるのは有名な話ですが、
実は日本にはもう1日お月見をする日があることをご存知ですか?

それは、十五夜の約1ヶ月後にやってくる十三夜です。

十三夜にも月を見ることで片見月を防ぎ、
縁起の良い1年を過ごせるようにと願う風習から
二夜の月を見上げるようになったそうです。

そして、栗や豆の収穫の時期と重なる十三夜は
別名「栗名月」「豆名月」と呼ばれ親しまれています。
20211018-2
20211018-1  

本日10月18日が十三夜。欽山ロビーに秋の実りと月見団子を供えました。


この日もまた中秋と同じように秋の収穫に感謝の気持ちを込めながら…。
今宵も欽山で風流なひと時をお過ごしください☆

 

Written by Web担 うえだ @欽山

 

pagetop