季節を映す美しい庭園と
池の鯉が皆様をお出迎え

四季折々の花とともに
季節の移ろいを映し出す美しい庭園。
中でも初夏の宵には蛍が舞い、
幽玄の光を真近にご覧いただけます。
欽山の庭園で有馬の四季を
お楽しみください。

蛍の庭
秋冬
梅(うめ)
生命の息吹を感じる
あたたかな春の庭園
春の訪れを一番はじめに教えてくれるのは、花の兄である梅。
白梅が花をつけ、ピンクのしだれ梅がほころぶと、欽山のお庭にも春がやってくるのです。
淡いピンクの花がかわいい乙女椿や花海棠、竹の足元でそっと花開く著莪に続いて鮮やかに咲く石楠花といろいろな花が次々にお庭を彩ります。
欽山のお庭での見ごろ
梅(うめ) 3月下旬~4月中旬
乙女椿(おとめつばき) 4月上旬~4月中旬
花海棠(はなかいどう) 4月中旬~4月下旬
著莪(しゃが) 4月下旬~5月中旬
石楠花(しゃくなげ) 5月中旬~5月下旬
竹(たけ)
新緑が眩しい
爽やかな夏の庭園
春に咲いた梅に実がなりはじめると欽山のお庭も新緑がまぶしい初夏の風情に様変わり。
夜には蛍が飛び交い、幽玄の光が初夏の宵を彩ります。
そして、爽やかなお庭も紫陽花が咲き始める頃には梅雨を迎え、夏椿の花が儚く散ると本格的な夏到来。藪蘭が木々の足元に色を添えてくれます。
欽山のお庭での見ごろ
梅(うめ)の実 5月下旬~6月中旬
紫陽花(あじさい) 6月中旬~7月上旬
夏椿(なつつばき) 6月下旬
藪欄(やぶらん) 7月下旬~8月下旬
蛍の庭
欽山の初夏の風物詩は、
蛍が見せる幽玄の光
〜欽山庭園で自然発生の蛍鑑賞〜
毎年6月初旬〜中旬に蛍鑑賞のための「ほたるの夕べ」を実施。
午後8時よりライトダウンを行い、庭園にて蛍をご覧いただけます。
是非ご夕食後に浴衣でお庭へお出ましいただき、手が届きそうなほど間近に
ふわりふわりと幽玄の光が飛び交う庭園で夜のお散歩をお楽しみください。
ロビーからの紅葉
白秋から玄冬へ、
情趣あふれる春待ちの庭園
高く晴れ渡る空の下、黄色い石蕗の花が咲き藪蘭が紫黒色の実をつけるようになると、紅葉も次第に色づいて秋の趣が深まってきます。
長い冬の間には時折雪が降ることもありますが、庭に残る雪もまた冬の風情。
冷たい朝にも凛と咲く赤い椿の花を目の当りにすると春は隣と心も和みます。
欽山のお庭での見ごろ
石蕗(つわぶき) 10月下旬~11月中旬
藪欄(やぶらん)の実 11月上旬~12月上旬
紅葉(こうよう) 11月中旬~12月上旬
寒椿(かんつばき) 12月下旬~1月下旬
pagetop